住宅ローン返済に困ったら・・・「任意売却」

住宅ローンの返済にお困りの方はいらっしゃるでしょうか。見て見ぬふりをして滞納が続くと、ある日突然「あなたの不動産は競売開始が決定しました」という通知が裁判所から届きます。「競売」は、債権者(金融機関や家主)が、担保不動産を売りに出すことで滞った費用を回収しようとする行為で、滞納している場合はまず間違いなくあなたの住宅は対象不動産になっているはずです。「売りに出されるのは仕方ない、そのお金で住宅ローンの残りを返して別の賃貸を探せば・・・」と思うかもしれませんが、競売物件は普通の物件より格安で売りに出されるため、自宅を手放したにも関わらず、借金は多額に残ってしまうケースがほとんどです。しかも競売物件の入札が決まったら、購買者の都合が最優先されるため、あなたの都合はお構いなしに家を出ていかなくてはいけません。

同じ不動産を売るにしてもできるだけお金を手元に残したいし、こちらの事情をくんだ売却方法や引越し時期を選びたいですね。それには「任意売却」をすることです。「任意売却」は貸主との話し合いの中で、相場に近い売買価格、都合を考慮してもらえる退去の時期、返済の金額など、あなたにとってよりよい条件を獲得できる可能性があります。
任意売却 →こちら のサイトで任意売却について詳しく載っていますのですぐに相談しましょう。任意売却は時間との戦いです。入札されてしまっては任意売却はできませんので、「競売開始」の通知が来たらすぐに行動を起こして下さい。まだ間に合いますので、見て見ぬふりをせずにできるかぎりあなたの財産を守りましょう。

This entry was posted in 不動産・賃貸. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です